So-net無料ブログ作成
検索選択

ショートストーリー「我が家の朝」

「行ってきまーす。」
歩はカバンを抱えると今日も1番に玄関を飛び出した。
「行ってらっしゃーい。歩はいつも早いわね。」
「あいつ、歩くの遅いんだよ。絶対走らないし。」朝食のパンを食べながら香輔が答えた。
「行ってきまーす。」
今度は、歩の双子の弟が玄関から出て行った。
「いってらっしゃーい。がんばってね。」
「行ってきまーす。」
さらに、歩の三つ子の3番目が玄関から出て行った。
「いってらっしゃーい。ねぇ、香輔、歩って三つ子だったかしら?」
「何言ってんだよ。歩は九つ子だよ。ボケたのかよ。」
「行ってきまーす。」
歩の4番目と思いきや、桂太が玄関から出て行った。
「いってらっしゃーい。ねえ、ところで、香輔はまだ行かないの?桂太と同じ所に行くんでしょ?」
「まだだよ。桂太は、いつも寄り道ばっかりして真っすぐ行かないんだよ。俺は、猪突猛進型だからさ、すぐに着いちまうんだよ。」
「あら、そうなの。」
しばらくすると、金太郎じいさんと銀ばあさんが起きてきた。
「おはようさん。ちょっと散歩に行ってきますね。町内のパトロールも兼ねてね。」
「おはようございます。最近は物騒ですからね。気を付けてくださいね。無理はダメですよ。」
「なーに、ほんの近くだけしか行かんよ。」
「はーい、いってらっしゃーい。」
我が家の朝は忙しい。
今度は、夫の飛松が長男の角郎を連れて勢いよく家を飛び出した。夫も長男もとても頼もしい。角郎は、ややななめな性格だが、ここぞという時には必ずややってくれる。
「じゃあ、そろそろ行ってくるよ。」
「はーい、気を付けてね。」という間もないほど、香輔はすさまじい勢いで家を飛び出して行った。
私は仏壇に手を合わせた。
「王じいちゃん、今日もみんな元気にそれぞれの場所に行きました。どうか無事を願っていてくださいね。」
私はリンを鳴らすと、王じいちゃんが好きだった「玉子焼き」を2切れ仏壇に供え、残りの「玉子焼き」を頬張った。
「これで、今日も大丈夫!絶対に!」

===============================
どの辺で気付いたでしょうか?
11月17日。今日は「将棋の日」だそうです。
nice!(2)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 13

リンさん

変な名前だな~と思いつつ、「飛松」まで気づきませんでした。
みんな顔が四角いのかな(笑)
by リンさん (2011-11-17 17:36) 

hiroshi

16日のブログで、ぼくの記事を取り上げてくださって、ありがとうございました。
17日の夜、次の応募作品の第1稿を無事、書き終えました。
by hiroshi (2011-11-18 00:28) 

margarita

私は、「夫の飛松」まで気が付きませんでした。「香輔」って、変わった名前だな〜と思ったので、飛松を見た時、なるほど、将棋の駒か!と(笑)
by margarita (2011-11-18 14:43) 

かよ湖

リンさん、いつもありがとうございます。
朝、車に乗ったら「将棋の日です」とカーナビがしゃっべたので、ちょっと創ってみました。
「飛車」と「角」って、私の中でなんか「とび職」なイメージなんですよ。で、「とび職」っぽい名前で「飛」がつくの・・・って考えてたら「飛松」になっちゃったんです。大正時代みたいですよね。。。古っ!
by かよ湖 (2011-11-18 17:30) 

かよ湖

hiroshiさん、次回作に向けて着々と・・・ですね。早く書籍化される事、楽しみにしています。頑張ってください。
私も見習って書かないと。。。
by かよ湖 (2011-11-18 17:34) 

かよ湖

margaritaさん、いつもブログ読ませてもらっています。最近では、ドクターK氏とのやりとりが面白くて・・・。(笑)スゴく過激なやりとりの時には、さすがに入れませんでした。。。(笑)

「香輔」って、2文字目の部首までで「香車」なんです。で、「桂太」も2文字目は「馬へん」の文字にしたかったんですけど、思い浮かばなくって・・・。何かイイ名前ありますかねぇ?
「飛松」はまっすぐな性格と入れれば、よかったかもしれませんね。

by かよ湖 (2011-11-18 17:49) 

川越敏司

かよ湖さんは将棋をあまり知りませんね?

惜しいなあ。これは、将棋の定跡(例えば、振り飛車)を念頭に置いて、歩が出た後、飛車が横に動き、それから金、銀と囲いを作り。。。というイメージがわいてくるようだと上手かったんですけどね。

あとは、歩が転んで「と」になるとか。飛車が転んで「竜」になるとか。角が転んで「馬」になるとか。

でも、アイディアはおもしろかったですよ。これを生かして、もうちょっと長い話しにできそうですね。「てんとう虫の歌」みたいな(わかるかな?検索してみてね)。

by 川越敏司 (2011-11-18 21:12) 

hiroshi

追記:

きのう書き忘れましたが、今般書き終えた応募原稿は、いつかお話しした、「板さんものです」。
by hiroshi (2011-11-19 00:48) 

かよ湖

あ、バレちゃいましたね。はい、将棋は動かし方しか分かりません。。。
さすが!敏司、私を分かってますね。(笑)
「歩」が「と金」になるのは知ってましたが、「竜」や「馬」に変身するなんて、日曜朝のヒーロー番組みたいですね。
「日曜モーニングストーリー」に「王手戦隊将棋マン!」、いかがですか?
by かよ湖 (2011-11-19 17:20) 

かよ湖

京都まで取材に行った「板さんもの」ですね。
第一稿が終わったという事は、一段落かしら?
hiroshiさんの創作も読みたいな。ブログ村のトーナメント参加などいかがですか?
by かよ湖 (2011-11-19 17:25) 

hiroshi

これまで、まぎらわしい書き方をしてきたとしたら、すみません。
京都に取材に行ったのは「京扇子の絵付け職人さん」です。
「板さんもの」は、それ以前に取材したものです。
これの締め切りがすぎたら、「京扇子もの」を始める予定です。
by hiroshi (2011-11-20 00:37) 

かよ湖

hiroshiさん、ご丁寧にありがとうございます。
「板さんもの」と「京扇子もの」、それぞれだったのですね。「日本の伝統・和」を題材とした1つの作品だと勘違いしてました。すみません。。。
素晴らしい作品になること、期待しています。頑張って下さい!
by かよ湖 (2011-11-21 19:14) 

かよ湖

ショートストーリー「我が家の朝」、ちょっと手直しをして只今公募に応募中の為、勝手ながら一時的に削除致します。
by かよ湖 (2012-01-30 23:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。