So-net無料ブログ作成

Sショート「ねえ、パパ。」

「ねえ、パパ。怖いよう。お外見て。お化けが行列になって歩いているよ。この町、お化けに占領されちゃうのかなあ。」
「大丈夫だよ。勇気をだして玄関を開けてみよう。そして、あの合言葉を言うんだよ。」
「うん。」
・・・・・トリック オア トリート・・・・・
「わあ、お化けさんからキャンディもらっちゃった。お化けさん達いい人だったよ。」
 2ヶ月前の出来事だった

「ねえ、パパ。怖いよう。昨日の夜ね、ヒゲづらの派手なおじさんがそっーと部屋に入ってきて何かゴソゴソしていたんだよ。ぼくは一生懸命寝たふりをしていたんだよ。」
「大丈夫だよ。勇気をだして部屋に戻ってごらん。そして、おじさんがゴソゴソしていた辺りをよく見てごらん。」
「うん。」
・・・・・メリー・クリスマス・・・・・
「わあ、キャンディを見付けたよ。一緒にカードもあったよ。ヒゲづらの派手なおじさんはサンタっていう名前なんだって。いい人だね。」
 1週間前の出来事だった

「ねえ、パパ。怖いよう。変なかっこうのおじさん達が船でせまってくるよ。槍を持ってたり、トンカチを持ってたり、あ、大きな袋を持ってるおじさんもいる。ぼく、連れて行かれちゃうのかな。」
「大丈夫だよ。勇気をだしてあたたかい気持ちで迎え入れてごらん。あの槍は悪霊を退治するためのもの。トンカチじゃなくて小槌で福を授けてくれるんだよ。袋の中にはたくさんの幸せが入っているかもね。」
「うん。」
・・・・・あけまして おめでとう・・・・・
「キャンディはもらえなかったけれど、なんかそれ以上に素晴らしい宝を沢山たくさんもらえた気がする。宝の船だったよ。」
「それは、よかったね。」
「ぼく、大きくなったらみんなに幸せを配るおじさんになるよ。」
「おじさんになる前でも、幸せを配ってもいいんだよ。」
「じゃあ。2014年からみんなに幸せを配ってくるね。あ、もう行かないと。パパ、ありがとう!行ってきま~す!」

==========================
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
2014年、「ぼく」が皆さまの元へ「幸せ」を配りにいくようです。幸多き1年になりますように、私からもお祈り申し上げます。
また2014年もどうぞよろしくお願いいたします。
nice!(3)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

森下純菜20周年ライブ

12月29日、アイドル・森下純菜ちゃんの20周年記念ライブに行ってきました。
え?誰?アイドルで20周年?計算合わなくない?
いえいえ、私の中では、かなりの(現役)正統派アイドルです。そして20周年のようです。ルックスは純菜ちゃんのブログで確認してください。(http://blog.junna.tv/)さて、何歳でしょう?
アイドル。
この言葉に定義は色々あることでしょう。多くの人が受け入れているニュアンスとしては、テレビによく出ていて、(上手くはないが)歌を歌っている人。そんな感じでしょうか。たとえば、AKB48とか。
たしかに、とも思います。でも、AKBでも初期のメンバーと最近入ったメンバーでは意識がかなり違うのではないか、と思ったりもします。たいした努力もなく「AKB」という肩書きだけでもてはやされている人は、本当にアイドルとしての資質はあるのか?と。
さて、純菜ちゃん。今から20年前だと、単純計算で1993年のデビューになります。この頃のアイドルって誰がいたんだろう?高橋由美子ちゃんが「20世紀最後のアイドル」なんて言われていたから、・・・つまり・・・アイドル氷河期頃のデビューになる訳ですね。純菜ちゃんが10年早いか、15年遅く生まれていたら、いいタイミングでアイドルの波に乗れたことでしょう。
ただ、波がない中で20年間活動してきたことは本当にスゴいことだと思います。そして、氷河期でも存在しているアイドルファンを支えていたアイドルの1人として敬意を表したいとも思います。時代に飲み込まれず、一般論にも負けずに、アイドルとしての自分のスタイルを貫いている彼女を羨ましくも思ったりします。
そんな純菜ちゃんのライブ。まさにアイドルライブでした。可愛らしいキラキラ光る衣装に包まれた純菜ちゃんと、サイリウムを手にピョンピョン跳んでいるファンの人達。久しぶりに楽しいアイドルライブを堪能させてもらいました。
そうそう、またまた今回も熱心なファンの方からサイリウムをいただいちゃいました。来場者全員にサイリウムを配り、純菜ちゃんへのメッセージの台紙・それに書くペン・そこに貼るチェキなど全員分の準備をしていたようです。昌己さんの時も思うのですが、本当に熱心なファンの方達はありがたいものです。その気遣いが素晴らしく、途中から来た人にもMC中にサイリウムを配りに行ったり、年齢が上のようなファンの方には前方の数少ないイス席を譲ったりしていました。ファンがファンを思いやれるのは素敵な空間ですね。夢空間。ぜひ多くの人に純菜ちゃんを知ってもらいたいものです。
来年5月頃、ベストアルバムを出すようなので、どこかでフリーライブなどあるといいですね。20年待ってやって来たアイドルの波、上手く乗れるといいのですが・・・。

P.S.純菜ちゃん・水野愛日ちゃん、楽しいライブをありがとうございました。久々にお話しできて嬉しかったです。あ、あおいちゃんのメッセージも好評でしたよ。
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

井上昌己クリスマスライブ2013

12月23日、井上昌己さんのクリスマスライブに行って来ました。
セットリストは、いちろーさんのブログ(http://blog.livedoor.jp/ichirou_w/archives/52352281.html)をご覧になってください。私はメモってなかったので・・・。
いや~、私にとっては2年ぶりの有料ライブで、始まる前から緊張しました。この緊張感イイですね。昌己さんの追っかけを始めた5年前の頃は、イベントに向かう駅の階段で毎回過呼吸で倒れそうな感覚に陥っていました。いつしか一緒に行くファンの人達も増え、昌己さんにも覚えてもらい、なんとなく会えるのが普通になってしまい、当然のような感覚になってしまい。・・・・・少し距離を置いて感じたこと・・・やっぱり井上昌己はイイ!!!
SOLDOUTのチケット、私が入った時にはもう席が見当たらなかったのですが、運よく知り合いの方が「隣空いてるよ」と声を掛けてくださり、とてもよく見える席で歌を聴くことができました。
44才になっても、あのエンジェルな歌声と美しさは一体なんなんでしょう。そうそう、先日、やはり昌己ファンの女性とこんな会話をしました。「井上昌己のライブから遠ざかったら、太った。」実際に私も5kg以上太りました。私達の結論は「井上昌己は生で観ているだけで美的効果がある!」です。
さて、ライブの話。
歌声はもちろん、なぜこんなに好きなのか?というと、歌詞とその世界観でしょうか。今回はクリスマスライブということで、クリスマスっぽい恋愛ソングが多かったのですが、なかでも失恋ソングが多かったように思います。(私がリクエストした「愛しているから」も失恋モノでした。。。)失恋・・・共感できますね。「愛しているから」~「ハイヒール」~「好きなのに」、このあたりで涙腺がかなりきていました。歌声+失恋はけっこうやられます。
また、今回は持ち歌でない「ホワイト・クリスマス」もナンバーにありました。洋楽は(意味が分からないので)聴かない私ですが、昌己さんが歌うとイイですね。純粋に井上昌己の音色に惹かれました。
定番の「メリークリスマスをあげたい」(今回はLAST FOR YOUバージョン)では、ファンの人達のサイリウムが会場を素敵に彩りました。お客さんすべてが手にしていたサイリウム、多くのライブではなかなか見ない光景だと思います。実は、有志のファンの方々が自費で百数十本購入し、お客さんすべてにプレゼントしていたのです。せっかくのクリスマスライブ、久しぶりや初めて来るファンの方にも楽しんでもらおうという熱心なファンの方々の心遣いです。(私もサイリウムいただきました。あ、払うの忘れちゃった。5月の25周年ライブの時に実費+α払いますね。有志の皆さま、いつもありがとうございます。25周年も楽しみにしていますよ。笑)
そして、サポートミュージシャンが豪華ですね。特に生のバイオリンは圧巻です。バイオリンと昌己さんの歌声のコラボは本当に「美しい」の一言です。
こんなライブでしたら、また来たいですね。きっと、また来ます。
熱心でない1ファンとして観るライブは素敵です。(と言っても、握手会で名前を呼んでくれるのは、やっぱり嬉しいのは事実ですが・・・。)井上昌己の音色が、私には唯一無二だと再確認できました。そんな思い出と「これから」をどうもありがとうございます。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

近況 2013.12

大変ご無沙汰しております。1ヶ月以上も書かないと、今さら何を書いていいものだか?・・・なんだか書きづらいですね。
先日12月12日がお誕生日だったので、そのタイミングで更新したかったのですが、怠惰に負けてしまいました。
さて、12月12日といえば「漢字の日」。清水寺で「今年の漢字」が発表されましたね。「輪」。う~ん、納得。
なんかこのクダリ覚えがある、と思い、1年前のブログを読んだら、やっぱり同じことを書いていました。趣向は変わらないものです。ちなみに昨年の私の漢字は「選」でした。
では、今年は・・・「無」です。直感的には「忙」とか「忘」とかを思ったのですが、「これって、どっちも心を亡くすじゃん!」=「無」です。
今年の1月から週5日のパート契約に変えたら、仕事仕事仕事で、土日は家のこと・子どものこと・町内会の役員のこと、なんだかとても忙しく何をしていたのかあまり覚えていない残念な1年でした。。。
いえいえ、色々楽しいことや珍しい経験もたくさんあったんですよ。ブログに書いていない事では、娘がカーテンコールだけ出たミュージカルを観たり、ジャニーズショップに行ったり、ジャニーズ映画を観たり、新宿にあおいちゃんのフリーライブを観に行ったり(MiOさん、ドキッとしたでしょ!残念。山崎あおいちゃんでした。)、あとなんだろう。。。などなど。
で、最近気付いたんです。書かないことがストレスになる、って。という事で、次回の契約更新では(半年も先ですが、)週4日に戻そうと思っています。保険の問題とかもあるんだけど、人生楽しい方がいいからね。体力に見合った仕事量にしたいと思います。
書く時間・読む時間が増える生活になるといいのですが・・・。「無」からの脱却を目指します。
nice!(3)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。