So-net無料ブログ作成
検索選択

ショートストーリー「役員決め」

 恵は教室の天井に空いた穴の数を数えていた。二時間近く誰も声を発しない教室で隅の席に座っている。が、恵は小学生ではない。萌の母親として、六年三組の教室にいるのだ。
「では、こうしましょう」
 前役員の東さんが沈黙を破った。
「皆さん、机の上に携帯電話を置いて下さい。誰とも連絡を取らないで下さい。これから紙を配ります。役員をするのが嫌なら、役員を放棄する権利をいくらで買うのか書いて下さい。安い金額を書いた二人が役員になります。そして、高い金額を書いた二人は実際に役員をする二人にその金額を払ってもらいます」
(え~?)(何それ~!)という罵声も気にせず、東さんは紙を配りだした。
「では、十分以内に」
(つまり、上でも下でもない真ん中の金額を書けばいい。三十人クラスだから二十六人は何の被害もない。普通でいい。簡単だ。)
 が、その簡単がなかなか簡単にはいかず、恵のペンは全く動かない。周りを見てもみんな恐ろしいほど止まったままだ。ただ目の玉だけが何かを考えるように動いている。
 いつもブランドを纏っているMさんはいくらと書くのだろう。Yさんの家は弁護士だから高い額を書くはず。Tさんの家は歯医者だっけ。一万円とか二万円とか書くのかな。じゃあ、八千円くらいでセーフ?でも、そんなに払うのはイヤだな。千円なら払ってもいいけど、千円で役員免除ならみんな払うよね。一番安いのは誰だろう。Oさんの子は冬でも半袖だから貧乏なのかな。Hさんも母子家庭だから多くは払えないはず。でも、安く書いて役員になったらタダ働きだからそれこそ損だよね。ってことは、高め設定?
(あ~、わからない。)
「残り一分です」
 東さんは淡々と言うと、思い出したかのように付け足した。
「役員を受けてくださった方には、夫が開発中の不老の薬も特別に差し上げます」
(え!不老?)恵は思わず顔を上げた。そして、紙に金額を書いた。
『役員に値段をつけるなんて間違っていると思います。ゼロ円。』
 十分が過ぎ、東さんは紙を回収した。全ての紙に目を通すと、透る声で言った。
「役員は加山さんと鈴野さんに決まりました」
 自分の名前が呼ばれた恵は、残念な表情を作りながらも心の中でガッツポーズをした。
「そして、田口さんは三十万円・村井さんは十万円を一週間以内に払って下さい。加山さんと鈴野さんは二十万円づつ受け取れます」
(二十万円!)予想以上の高額に恵は驚いた。
「では、役員の定例会は一ヶ月後です」
 教室はあっという間に空になった。東さんは恵と鈴野さんに約束のものを手渡した。
 一ヶ月後、恵は役員会に向かった。
「今日の議題は、役員決めです」
(また?今度は役員の長を決めるのかしら?)
 沈黙が続いた。
「では、こうしましょう」
 どこかで見た光景が展開される。恵は、ついにこの決め方が流行りだしたのかと呆れた。いくらなんでも役員長まではする気がない。すでに二十万円稼いでいることもあって、あっさりと『八千円』と書いた。
「役員を発表します。森さんと加山さんです」
(うそ、八千円でも最低額なの?)
「次回の定例会は一ヶ月後です」
 一ヶ月が過ぎた。定例会に行く前に、恵は銀行で記帳をした。二十万円が二回入金されている。計四十万円。
 役員会の教室に入る。議長らしき人が黒板に文字を書く。『役員決め』。「今日の議題は、役員決めです」
(は?先月決めたでしょ?)恵は独りごちた。
 沈黙・・・「では、こうしましょう。」
 恵は『二万円』と書いた。
「役員は、大野さんと加山さんです。定例会は一ヶ月後です」
(一体どういう事?)
 が、恵は役員らしい仕事を一切していないことに気付いた。ただ毎月二十万円が貯まっていく。こんなに楽な仕事はない。
 三月になり、二百万円以上が貯まった。萌も卒業なので役員も終わる。何もしないでかなり稼がせてもらった。
 萌が卒業式の案内を持ってきた。恵は役員として出席する。萌は在校生として出席する。
「ざ、ざ、在校生?六年生なのに?」
 恵は大声で叫んでいた。
「ママ、何言ってるの?六年生になるのは来月からだよ」
「だって、六年三組・・・」言いかけて、東さんからもらった不老の薬を思い出し、顔から血の気が引くのを感じた。
 三月の定例会はその翌日だった。
 恵は金額を書いた。
『二百万円』
「次の役員は東さんに決まりました。」

==========================
公募ガイド「小説の虎の穴」(課題:時間のない世界)の落選作です。
応募した作品には、ラスト1行が含まれていません。
1行加えることで、「もしかしたら、まだ廻っているの?それとも抜け出せたの?」と、どちらにも捉えられるような不安を盛り込みたくなりました。

サイトーさんが佳作でしたね。遅くなりましたが、おめでとうございます。
nice!(4)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

絵本:「ボクの惑星日記」契約終了!

3年前に出版した私の著書、絵本「ボクの惑星日記」が今月15日をもちまして、出版社・文芸社との契約期間が満了となりました。

と、いうことで、早速わが家に戻ってきました「ボクの惑星日記」たち。数えていませんが、明細書によると301冊だそうです。文字通り「売るほど、あ・り・ま・す!」
しかしながら、考えてみると、約700人近くの兄妹たちは、私の知らないどこかへ旅立って行ったのですね。もちろん私の知っている所へ旅に行った兄妹たちもそれなりにいますが、500人以上の行方を私は知りません。そんなことを考えてみると少し不思議な気持ちになります。旅先で喜ばれる生活を送っていたら、とても嬉しいのですが・・・。
さて、わが家で眠っている300人。このまま眠っていても仕方ないので、近くの図書館や地区センター・病院などに置いていただけるように少しづつお願いに行こうかな。皆さんも、なにかいい行き先のアイデアがあったら教えていただけると助かります。

何よりも、ご購入いただいた皆さま、本当にどうもありがとうございました。

ボクの惑星日記

ボクの惑星日記

  • 作者: 文:ささき かよ湖 絵:田中 伸介
  • 出版社/メーカー: 文芸社
  • 発売日: 2011/06/01
  • メディア: 単行本


アマゾンでは全部返品した訳ではないんですね。。。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

秋野ひとみ と 私的アイドル感

6/7、渋谷TAKE OFF7に秋野ひとみちゃんの20周年ライブを観に行ってきました。
「秋野ひとみ、誰?」って感じでしょうが、堀ちえみファンの私としては、(最も理想のアイドルの1人)と言っても過言ではないと思います。 {写真などは、こちらのブログでhttp://ameblo.jp/hitomi-akino/
デビュー当時の堀ちえみ似の可愛らしい顔立ち・ルックス・歌声(歌唱力)・振り付け・衣装、どれをとっても私には合格点のとても満足したライブでした。
ただ、時代がね・・・。20年前のデビューですから、アイドル氷河期。
彼女を初めて観たのも約20年前。彼女が中学生の頃だと思います。その頃、私は別のアイドル事務所でマネージャーをしていました。とてもセンスのある子だと思って、「ぜひ売れてほしい」と思っていたのです。
その後、私は出産のため事務所を辞めたのですが、なんとその直後に、彼女が私のいた事務所に移籍してきたのです。あ~、ショック。何の応援も出来ないまま私は芸能とは無関係の人に・・・。
アイドル氷河期とは言っても、やはりアイドルファンはそれなりにいて、インターネットの普及などのおかげで、「ノーリスク ローリターン」でアイドル活動は、まあ出来る環境があったのでしょう。彼女もきっとそのうちの1人なのですが、彼女ほどのスキルがあるにもかかわらず、「地下アイドル」とひと括りにされてしまうのはなんとも残念です。知名度がない、というだけで。
6/7はAKBの選抜総選挙もありました。
時代のタイミングと運を手にした女の子達は、(正直、アイドルセンスが欠けていても)何万人もの観客の前でステージに立てている、という現実があるのです。
マスコミの力と時代に不条理を感じます。
彼女が選挙に出ていたら、きっと選抜メンバーに入っていたことでしょう。
が、アイドル氷河期だからこそ、俄かでないアイドルファンを支えていたアイドルの1人という重要な任務もあったのだと思います。
これからも、マイペースで作詞やライブ活動をしてもらいたいと思います。陰ながら応援しています。

P.S. ひとみちゃん、招待いただきありがとうございました。
   ゲストの森下純菜ちゃん、CDありがとう。お話もできてよかったです。
      純菜ちゃんから戴いた最新アルバム
Legend~森下純菜ベスト・セレクション2

Legend~森下純菜ベスト・セレクション2

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: idolshot ENTERTAINMENT
  • 発売日: 2014/05/01
  • メディア: CD



nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。